2021年12月 沖縄 米艦船の在港状況(暫定版) NH:那覇軍港、WB:ホワイトビーチ、RB:レッドビーチ、TG:天願桟橋、S:佐世保、Y:横須賀、H:横浜ND、PH:ポハン、JH:ジンヘ、IW:岩国、G:グアム、稚:稚内、SF:スービック
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    
GUAM (HST 1) H H H PH NH NH NH NH NH IW NH NH NH PH NH NH NH NH NH NH NH NH NH NH NH NH NH NH NH NH 高速輸送船
PUERTO RICO (T-EPF 11) H H H NH NH NH NH NH H H H IW IW IW IW NH NH NH NH NH NH NH NH NH NH NH NH NH 高速輸送船
CALABOZA (LCU 2009) NH NH NH NH NH NH NH NH NH NH o/i NH NH NH WB 揚陸艇
FORT MCHENRY (LCU 2020) NH NH JH  JH  IW IW NH NH NH NH H H H H H H H H H H 揚陸艇
ALAN SHEPARD (T-AKE-3) G G  G G G G G G TG Y Y Y S S S S S S S S S S S 貨物弾薬補給艦
EFFECTIVE (T-AGOS 21) H H H H H H H H H H H WB WB WB WB 音響測定艦
ABLE  (T-AGOS 20) SF SF SF SF SF SF SF SF WB WB 音響測定艦
VICTORIOUS (T-AGOS19) WB WB 音響測定艦
OCEAN FREEDOM (T-AK) G G G H H H H H NH NH   貨物船
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

那覇軍港を拠点として日本や韓国の基地に海兵隊の部隊や車両、物資などを運ぶ高速輸送艦が、11月以降、グアム1隻だけの体制からプエルト・リコを加えた2隻体制になったようだ。12月の半ば頃までは、2隻の高速輸送艦は頻繁に動きまわったが、12月の後半は両艦ともに那覇軍港にとどまった。

貨物船オーシャン・フリーダムが、日米合同演習「レゾリュート・ドラゴン」で使用した海兵隊の車両や物資を横浜ノースドックから那覇軍港に運んだ。
降ろされたオスプレイは那覇軍港から離陸して普天間に向かった。軍港のふ頭をヘリポートに使用するという、無茶苦茶なことが繰り返された。

12月には音響測定艦がホワイトビーチに3隻入港した。しかし、それぞれの寄港の形態は異なり、エフェクティブは、横浜ノースドックからやってきて、南シナ海や東シナ海での探査任務航海に向かう準備の入港で、エイブルはフィリピンのスービックから戻ってきての入港、ビクトリアスは任務航海の合間の2日間の寄港だった。


2022-1-25|HOME|