2022年7月  横浜ノースドック  米艦船在港状況 H:横浜ND、Y:横須賀、HC:八戸、S:佐世保、IW:岩国、NH:那覇軍港、UL:ウルサン、SG:シンガポール、SB:スービック、G:グアム
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    
MECHANICSVILLE (LCU 2027) H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H 揚陸艇
MOLINO DEL REY (LCU 2029) H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H 揚陸艇
COAMO (LCU 2014) 揚陸艇
RERRYVILLE (LCU 2034) 揚陸艇
CALABOZA (LCU 2009) H H H H H H H H H H H H H H H H H H H 揚陸艇
BG ZEBULON PIKE (LT 804) = = = = = = = = = マーシャル諸島MAJURO = = = = = = = = = = = = = = = タグボート
VICTORIOUS (T-AGOS 19) H H out in H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H 音響測定艦
LOYAL (T-AGOS 22) H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H out 音響測定艦
IMPECCABLE (T-AGOS 23) in H H H H H H H H H H H H out = = =        JMU因島 = = = = = = 音響測定艦
EFFECTIVE (T-AGOS 21) in H H H H H H H H H H H H H H H H H H H 音響測定艦
BOWDITCH (T-AGS 62)  in out in H H H H H H 海洋調査船
HOWARD O LORENZEN (T-AGM 25) in H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H ミサイル追跡艦
SALVOR (T-AFS 52) SG SG SG SG SG SG SG SG SG SG SG SG SG in H o/i H H H 救難艦
DENISE FOSS G in H out タグボート
MILLINOCKET (T-EPF 3) SB in H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H 高速輸送船
RAPAHANNOCK (T-AO 204) in H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H out 燃料補給艦
POHANG PINEER(T-AO) H H H H H H H H H Y Y HC in S S S out IW IW IW UL UL UL UL UL UL UL タンカー
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    

音響測定艦の動向
7月11日に入港した音響測定艦エフェクティブは、6月3日から7日にかけてパールハーバーに寄港していた。つまり、この間エフェクティブは、南シナ海で中国の潜水艦の監視を行っていたのではなく、インド太平洋軍司令部のHPによると、第7艦隊のみならず第3艦隊の海域で、複数の米海軍原子力潜水艦の参加する訓練の支援を行っていた模様だ。
7月5日に音響測定艦インペッカブルが戻ってきた。インペッカブルは、6月2日にフィリピンのスービックを出港した後、南シナ海で中国の潜水艦の監視をしていた模様だ。インペッカブルは7月18日に横浜を出港し、因島のJMU因島事業所に入り、整備工事に入った。

特殊任務船・海洋調査船の動向
弾道ミサイル追跡艦ハワード・O・ロレンゼンが7月9日に横浜ノースドックに入港した。 ハワード・O・ロレンゼンは、既に6月25日には対馬海峡付近から日本海の外に出ていたようだ。
パスファインダー級海洋観測船のボーディッチが7月初めと後半の2回、横浜に入港した。
救難艦サルボアが7月後半に入港した。

貨物船の動向
高速輸送船ミリノケットが7月11日に入港した。ミリノケットの入港は、2020年5月以来とみられる。
燃料補給艦、タンカーの動向
燃料補給艦ラパハノックが7月8日に入港し、31日まで滞在した。艦内で何らかの整備工事などが行われていた可能性がある。
6月後半から横浜ノースドックに滞在していたポハン・パイオニアは、7月9日まで横浜に居座った。

LCU(陸軍大型揚陸艇)の動向
5月18日にAIS(自動船舶識別装置)を切ったまま横浜ノースドックから姿を消していたカラボザ(LCU2009)は、7月13日に横浜ノースドックの埠頭の最先端部に横付けして接岸しているのが確認された。

その他
7月23日、米本土のシアトルを母港とするタグボート、デニス・フォスが入港した。デニス・フォスは7月25日に、横浜ノースドックにAPSの装備として係留されていたクレーンバージを牽引して搬出していった。


2023-1-3|HOME|